血糖値 基準値 2015

2015年の血糖値の基準値

スポンサーリンク

血糖値は、基準値があり、値が正常なのか判断するには、日本糖尿病学会が定める基準値を参考にする必要があります。また、その基準値は毎年ほぼ同じですが、2015年に掲載されている血糖値の正常値は、空腹時に計測されています。

 

【正常値の判断】
血糖値が正常であるか調べるには、日本糖尿病学会が定めている基準値を知らなければなりません。その判断になるのは、空腹時の値、食後の値、ヘモグロビンの状態になります。自分の値が正常なのか判断するのはとても難しいので、医師の診断を受ける事が必要です。
2015年に掲載された基準値は、空腹時で80〜110mg未満です。

 

【空腹時の値で調べます】
健康診断を行うと、空腹時の血液採取を行い、血糖値などの数値を調べます。その際、正常な値を超えていると、再検査を行い、異常があれば精密検査等を行い、正常値に戻る様に治療が始まります。2015年の基準値が参考になるので確認しましょう。

スポンサーリンク

 

【空腹時と食後は年齢でも違います】
血糖値は、空腹時と食後で数値が違いますが、年齢でも違います。30代の男性と女性、40代の男性と女性等、同年代でも男女でその値は違います。自分の血糖値がどのくらいの値にあればよいのか確認しておくようにしましょう。また、2015年に掲載されているサイトがあるので、値を参考にしてみましょう。

 

血糖値に関して掲載されているサイトは数多くあります。また、正常な値などを掲載しているサイトも数多く存在しており、健康管理における様々な事が掲載されています。2015年の基準値で検索しても、正常値の値がしっかりと確認できるので見てみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加