血糖値 低い 病気

血糖値が低いという病気はあるのか?

スポンサーリンク

 血糖値は、食事をとることにより変化しますが、その変動幅はそれほど多い物ではありません。血糖値が低い病気は、正常な変動幅を超えて低い方に傾いた場合、低血糖と言います。これは病気なので医師の診断を受ける必要があります。

 

【血液中の糖質変動幅】
血糖値の正常な変動幅は、基準が定められています。その範囲に収まっていれば正常ですが、高く外れていれば高血糖、低い状態なっていれば低血糖と呼ばれます。しかし、絶食時間の長さや年齢等により、正常な人でも通常示す事がないような数値を示す事があります。

 

【低血糖とその原因】
低血糖の原因として多いのは、糖尿病の治療薬であるインスリンによるものや、アルコール摂取によるもの、抗不整脈薬による副作用もあります。内因性では、反応性低血糖があり、食事のとり方に問題があるので、注意が必要になります。

スポンサーリンク

 

【症状の現れ】
低血糖の症状は、自律神経症状と、中枢神経症状に分かれ、血糖値が急激に下がった場合は自立神経症状が強く、血糖値が緩やかに低い状態になる場合は、中枢神経症状が強く出る事がわかっています。その他には、無自覚性の低血糖があり、本人が低血糖症状を発しないものがあります。これは、知らないうちに病気になっているので、早めに医師の診断を受けましょう。

 

健康診断で血糖値に疑いが出た場合、低血糖なのか高血糖なのか、しっかり調べる必要があります。健康診断よりも、精密検査を受診するようにすると、しっかりとした原因を突き止める事が可能になる場合があるので、医療機関で受診しましょう。また、この様な病気は、日頃からの食生活でも改善可能です。また、血糖値が低い方向になる病気を防ぐ事が出来るので重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加