血糖値 低い 原因

血糖値が低い原因は何?

スポンサーリンク

血糖値は、空腹時と食後ではその数値が違い、空腹時に正常でも食後には基準値を上回っている場合があります。そういう場合は異常ありになりますが、逆にいつでも低い状態になっている方もいます。

 

【下がる理由】
血糖値は、食後に高い状態になりますが、エネルギーとして消費されていくので、次第に基準値に収まります。低い方向に向かう原因は、エネルギーとして消費されないブドウ糖がグリコーゲンとなり、肝臓、筋肉などに蓄えられます。その結果、余分な中性脂肪や脂肪細胞に変化していきます。

 

【運動すると消費します】
食後に上がった血糖値も、運動する事により低い状態になります。それは、筋肉を動かすことにより、ブドウ糖を消費するからです。運動してエネルギーを消費する事により、ブドウ糖を消費するので、血糖値も下がっていきます。

スポンサーリンク

 

【運動すると消費します】
食後に上がった血糖値も、運動する事により低い状態になります。それは、筋肉を動かすことにより、ブドウ糖を消費するからです。運動してエネルギーを消費する事により、ブドウ糖を消費するので、血糖値も下がっていきます。

 

【インスリンの作用】
値が下がる原因はインスリンが作用する事が要因です。インスリンは、ホルモンであり、血糖値が上がった場合は、血液中に作用し、ブドウ糖を変質させる働きがあります。その結果、値を下げていきます。

 

低い原因インスリンが過剰になってしまった時や、アルコールを摂取した時、食事を抜いた時です。食事をしない場合、低血糖になるので、値が低い状態になります。その状態は低血糖の原因にもなるので、食事はしっかりと摂取する必要があります。また、低い状態が続くと、意識障害を起こす原因にもなるので注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加