血糖値 200 症状

血糖値200はどんな症状?

スポンサーリンク

血糖値には基準があり、その基準値を超えてしまうと危険信号になります。結構診断等で、血糖値が基準値よりも高い方は、日頃の食生活の改善や医師の診察が必要になります。

 

【血糖値の基準値】
基準値は、年代や性別で異なりますが、それほど大きな違いはありません。標準的な基準値はしっかりと定められているので、健康診断などの採血結果を見て確認しましょう。また、基準値については、インターネットでも調べる事が出来るので、検索してみましょう。

 

【糖尿病を疑いましょう】
基準値を大幅に超え、200以上になってしまった場合は、糖尿病の可能性が出てきます。その基準では、空腹時の血糖値が126以上で、食後の血糖値が200以上になると危険な範囲となってきます。

スポンサーリンク

 

【判断は数値です】
糖尿病の疑いのある数値は、200以上と言われており、一度でもこの数値を超えたことがある方は、糖尿病を疑いましょう。身体に影響が出るサインとなるので、医師の診断を受ける必要があります。放置してしまうと、数値がどんどん上昇し、意識障害等を併発してしまう事があるので注意しましょう。

 

【食後200以上の症状】
食後の症状が200以上あっても、空腹時にはそれ以下で、基準値に収まる方もいます。健康診断の時には、空腹時で血糖値を測定するので、100未満だった場合は正常値となります。しかし、日常生活では高血糖の状態が続いている事になるので、異常があります。

 

高血糖による症状は、自覚症状がない場合があるので、健康診断の採血結果は非常に重要になります。しかし、空腹時の値と、食後の値に大きな差が生じている場合は、医師の診断を受ける必要があります。それは糖尿病の症状の可能性があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加