血糖値が高い

血糖値が高いとどの様な病気になるのか

スポンサーリンク

 血糖値が高い場合、体に良くないと言われています。その理由は色々あります。血糖値が高い場合は、成人病にかかる可能性があるので、日頃から注意が必要になります。

 

【なぜ体に良くないのか】
健康診断の結果を見て、血糖値が基準値以上だった場合、注意が必要です。しかし、血糖値が高いと、なぜ体に良くないのでしょう?その理由は、成人病になりやすい体になってしまう事が言えます。

 

【食後の血糖値】
血糖値の基準は、空腹時の状態と、食後の状態で違いがあります。基準値よりも高いと高血糖と診断されます。食後二時間経過した後、大幅に血糖値の基準値を超えている場合は糖尿病に掛かっている可能性が強いので、さらに精密検査が必要になります。

スポンサーリンク

 

【血糖値が高い場合の身体変化】
血糖値が高くなった場合、体の中では変化が起きてきます。血中の糖質は、ブドウ糖と呼ばれる物質で、細胞のエネルギーとなっています。細胞がブドウ糖を代謝する事により代謝が行われますが、血糖値が高いとブドウ糖が血液中に余るので、体に有害となっていきます。

 

血糖値が高い状態は、血液中にブドウ糖が余分にある状態になります。多少血糖値が高い状態の場合、それは果糖に変化するので、大丈夫ですが、余ったブドウ糖は代謝されずに細胞ないに溜まっていきます。その結果ソルビトールが大量に生産されることになるので、細胞を傷つけてしまいます。そうならないためには、日頃から健康管理には気を付ける事が重要です。

 

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加